映画【キングダム】話題作を徹底解説。見どころと感想をご紹介。続編もあり?

スポンサードリンク
この記事は約9分で読めます。
スポンサードリンク

f:id:a720b720c720:20190420214417j:plain

 

評価:80点

 

人気漫画の実写化ということもあり上映前から相当に話題でしたね。出演者が演技派というより、若手の人気系ばかりだったので、あまり期待はしていませんでした。

 

しかしプロモーションビデオを見てから面白そうだという印象へ。気になり上映二日目に見に行きました。

 

めちゃくちゃおもしろかった。

 

 

 

原作などの事前知識0でOK。

ちなみにですが、僕は事前の知識もなく予習もせずにいきました。歴史の知識もほぼありません。

 

・原作知識0

・歴史の知識0.01くらい

 

てな感じですが、最高に楽しめました。ですので、原作ファンの方や、歴史に興味のある方はより一層楽しめると思います。

映画「キングダム」あらすじ

予告編動画

youtu.be

紀元前245年、集住戦国時代中華・西方の国「秦」。

戦災孤児の少年の信(山﨑賢人)は漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(高嶋政宏)によって召し上げらえ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる・・・・・・。

王宮では王の弟・成蟜(本郷奏太)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。

 

「お前に頼みたいことがある」

 

血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。

 

「今すぐそこに行け!お前が羽ばたけば、俺もそこにいる・・・・・・。信!俺を天下に連れて行ってくれ・・・・・・」

 

力尽きる漂。泣き叫ぶ信。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した、

走る先に何があるかもわからず一心不乱に走る信。たどり着いた先で、真の目に飛び込んできたのはなんと冷静にたたずむ漂の姿だった!?死んだはずの漂がなぜ?

 

「お前が信か」

 

そこに居たのは、王座を奪われ、王都を追われた秦の若き王・嬴政(吉沢亮)だった。その嬴政に瓜二つの漂は、彼の身代わりとして命を落としたのだった。激高する信だったが、国を背負う嬴政強さと漂の遺志を受け止め、嬴政と共に行動を共にすることを決意。ン二人は王宮を奪還するため立ち上がる。しかし、嬴政にとって、路の第一歩に過ぎなかった。

 

中華統一、戦乱の世に終わりをもたらす、未だかつてだれも誰もが成しとし遂げいていない、とてつもなく大きな夢を嬴政は心に宿していた。

 

信は天下の大将軍を、嬴政は中華統一を。その夕目は途方もない修羅の道。

 

若き二人の戦いの火蓋が切られた────

公式サイトより引用:https://kingdom-the-movie.jp/story/index.html

 

メインキャスト

・信ー山﨑賢人

・嬴政・漂ー吉沢亮

・楊端和ー長澤まさみ

・河了貂ー橋本環奈

・成蟜ー本郷奏太

・壁ー満島真之介

・昌文君ー高嶋政宏

・王騎ー大沢たかお

 

f:id:a720b720c720:20190421110204p:plain

f:id:a720b720c720:20190421110215p:plain

f:id:a720b720c720:20190421110225p:plain

f:id:a720b720c720:20190421110233p:plain

f:id:a720b720c720:20190421110243p:plain

f:id:a720b720c720:20190421110252p:plain

f:id:a720b720c720:20190421110301p:plain

f:id:a720b720c720:20190421110311p:plain

 公式ホームページより引用:https://kingdom-the-movie.jp/cast/index.html

相関図

f:id:a720b720c720:20190421080547p:plain

公式ホームページより引用: https://kingdom-the-movie.jp/character/index.html

映画「キングダム」の見どころと感想

 それでは見所と感想です。

 

豪華な俳優陣

上でもご紹介しましたが、出演されている役者さんが本当に豪華。演技派の役者さん勢揃いの贅沢な作品になっています。

 

記者会見の様子。こうやってみると本当に豪華な顔ぶれですね。

f:id:a720b720c720:20190421101743j:plain

 

山﨑賢人が最強にかっこいい。

信を演じた山﨑賢人さん。普段はその端正なルックスから、クールな青年役が多いイメージでした。

 

一週間フレンズ

f:id:a720b720c720:20190421100419j:plain

 

羊と鋼の森

f:id:a720b720c720:20190421100422j:plain

 

 

というか、あまり山﨑賢人さんへのいいイメージがありませんでした。(ファンの方すみません。)

 

山﨑賢人さんへの、というよりかは流行りのさわやか系イケメンへのですね。だって演技が全員全部同じに見えるんだもの。(本当にファンの方すみません。)

 

演技派の山﨑賢人。信を見事に演じきっていた。

f:id:a720b720c720:20190421104135j:plain

 

しかし、この作品で覆りました。山﨑賢人さん、さわやか系の演技だけでなく、泥臭い役もものすごく上手でした!

 

叫んだり、殴ったり、気が強い少年の信の役。

 

普段はクールな顔しか見せないの山﨑賢人さんもこんな演技できるんだ!って結構序盤から感動してました。

 

ショートカットのかわいい橋本環奈

山の民の女の子・河了貂を演じた橋本環奈さん。今作ではこんなショートカットになって驚きました。

f:id:a720b720c720:20190421081946p:plain

 

橋本環奈さんといえば、長い黒髪の女の子のイメージでした。

 

f:id:a720b720c720:20190421100747j:plain

ガラッと印象が変わりますが、 原作だとこんな感じの女の子。

 

納得ですね。

 

橋本環奈さんにぴったりのかわいらしい子です。

f:id:a720b720c720:20190421083034p:plain

 

助けに来てくれてありがとう^^

 

最低で最高のヒール。本郷奏太演じる成蟜

 秦王の弟である、成蟜を演じた本郷壮太さん。

f:id:a720b720c720:20190421082156j:plain

f:id:a720b720c720:20190421082249p:plain

 

ライブドアニュースでも取り上げられていました。

news.livedoor.com

 

最低で最高のヒール役

終始ラスボス感満載の成蟜でした。何万もの人間を従わせ絶対王者感をビンビンに出していました。

 

しかし、切り札であった、殺し屋の佐慈や側近の者たちが次々にやられると慌てだし。最後はあっさりと兄の嬴政に剣で切られ、ぼこぼこに殴られて終了。

 

最低の支配者であり、最高の悪役でした。見事ですね。

 

表情を豊かに使った本郷奏太の演技

個人的にすごいな~と思ったのは、表情をめちゃくちゃ使った演技です。

 

唇の端を歪ませ眉間にしわを寄せイライラした様子を表し、してやったりの時はいやらしく口角をあげて、目を細め、こちらも唇の端を釣り上げた表情。

 

基本的にあまり動きのないシーンばかりでしたので、表情や話し方がメインになっていましたが上手に表現されていました。

 

これから見に行かれる方はぜひ注目してみてください。

 

圧倒的存在感の王騎

大沢たかおさん演じる王騎。

 

最初から最強感満載。なんともいえぬ威圧感と不気味なオーラがありました。

f:id:a720b720c720:20190421114146j:plain

 

とくに「ンフっw」という笑い方は不気味で仕方なかったですね(笑

 

役者魂。鍛えぬいた肉体

原作の王騎はムキムキの体。大沢たかおさんはそこまでムキムキのイメージはなかったですが、劇中では極太の腕をのぞかせていました。

 

腕部分のみ筋肉スーツをつけるという予定だったそうですが、自分で筋肉スーツを作りあげてきたそうです。

 

振り回した矛に説得力が出ていました。

 

ハラハラするアクションシーン

なんといっても、アクションシーンがすごかった!

 

ジャッキーチェンのアクションチームの最高峰のスタッフが集結したそう。中国の映画界屈指のスタントマンを多数動員し、アクションシーンを作り上げたのだそう。

 

巨漢の残虐マシーン・ランカイとの戦闘シーン

巨大なトロールみたいなコイツ。見た目の通りパワー系の敵。

f:id:a720b720c720:20190421105128p:plain

公式ホームページより引用https://kingdom-the-movie.jp/cast/index.html

 

巨大な馬鹿力を前に太刀打ちできず次々とやられていく仲間たちでしたが、信の得意なジャンプを使い、倒しました。

 

ランカイの暴れっぷりと小さな信が戦う姿は見ていて最高にハラハラしました。

 

虐殺の元将軍の佐慈との最終対決

 

最強感漂う剣術の達人「左慈」との対決シーンは圧巻。まさに手に汗握るって感じでしたね。

 

f:id:a720b720c720:20190421105003p:plain

公式ホームページより引用:https://kingdom-the-movie.jp/cast/index.html

 

目にもとまらぬ速さで次々で虐殺していく左慈を、信がどうって抑え込み倒したのか、必見です。

 

日本映画の中では異例のスケール

 

・ロケ地のスケール

・セットのスケール

・人数のスケール

 

自然を活かしたロケ地

ロケ地のスケールが半端なかったです。

 

これどこでとったの?みたいな

 

山の民に捕らえられるシーン。その山道は宮崎県の神々溝。

f:id:a720b720c720:20190421111800j:plain

 

幼少期の信と漂が戦う森は熊本県の「夢☆台地グリーンバレー」。

f:id:a720b720c720:20190421111804j:plain

 

セットのスケール

終盤の宮殿は、中国まで行って、中国にあるセットを使用しロケを行っています。

 

ロケハンの末、撮影拠点として選ばれたのが上海から300キロほど南下した浙江省寧波市の象山県にある象山影視城。春秋戦国時代の宮殿を再現したオープンセットがあることが決め手だった。

公式ホームページより引用:https://kingdom-the-movie.jp/cast/index.html

 

f:id:a720b720c720:20190421112047p:plain

 

 

f:id:a720b720c720:20190421112354p:plain

 

人数のスケール:1万人の兵士と700人のスタッフ

途中、8万人の兵士が並んでいるシーンが。なんじゃこれ・・・って感じでしたね。マジで8万人あつめたんじゃねって。

 

実際には1万人らしいですが(笑

 

しかし、兵士のエキストラだけで1万人という規模の人数を集めるのはやはり日本映画ではなかなかないことでしょう。

 

スタッフも総勢700名。

 

多くの人が携わった結果作られているから、ここまでの壮大なスケールが実現したのでしょう。

映画キングダム そのほかの情報

公式ホームページ

kingdom-the-movie.jp

 

主題歌:ONE OK ROCK「Wasted Nights」

人気歌手のワンオク。ほかの映画だと「るろうに剣心」などでも主題歌を務めています。

 

www.youtube.com

 

今回の「Wasted Nights」もこの映画にピッタリ。エンドロールの最後の最後まで楽しめました。

 

原泰久先生のキングダム漫画原作

集英社が発行する『週刊ヤングジャンプ』にて2006年9号より連載が続けられています。

 

幅広い世代から人気で、累計発行部数がなん4000万部。4年連続青年コミックNO.1を記録しています。

 

監督:佐藤信

 

佐藤 信介(さとう しんすけ、1970年9月16日 – )は、日本の映画監督アニメ監督脚本家ゲーム制作者。広島県比婆郡東城町森(現庄原市東城町森)出身。 

 出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia

 

キングダムの他の監督作品は?

ここ最近の佐藤監督の監督作品です。

 

 

ものすごく話題作品ばかり手がけていますね。そして、知らず知らずのうちに前作見ていました笑

 

こうやってみると、漫画原作のものを映画作品にされていることが多いみたいですね!

 

気になる続編情報?キングダム2はあるのか?

劇中の終盤で、嬴政の真の目的は「中華統一」と判明。信や王騎が中華統一へノリノリになり、映画は終了。続編を匂わせる形で映画は終わりました。

 

しかし、主演の山﨑賢人さんは続編に前向きの様子。
news.livedoor.com

 

今作がめちゃくちゃおもしろかったので、ぜひ、続編公開も期待したいところですね!

 

最後に:話題のキングダム。まじでおすすめです。

以上が、今人気の話題作。映画「キングダム」のあらすじと感想・見どころでした。

 

マジでおススメです。まだまだ、絶賛公開中。少しでも気になる方はすぐにでも映画館へ行きましょう。

 

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました