映画【神さまの言うとおり】はこけしがグロい。あらすじとネタバレ感想。福士蒼汰殺戮ゲームへ挑戦。

スポンサードリンク
この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

f:id:a720b720c720:20190415222445j:plain

 

評価:68点

 

嫌いじゃない。って感じですね。殺戮ゲーム系はワンパターンで飽き飽きしていました。暇つぶしに見てみましたが、出てくる敵に個性があり、癖になりました。うん、おもしろかったです!

神様の言うとおり:作品情報

 

公開日

2014年11月15日

上映時間

117分

監督

三池崇史

神さまの言うとおり:あらすじ

高畑瞬は、退屈な日常にうんざりしていたが、ある日突然、教室にダルマが出現し、命をかけた授業の開始を告げる。

 

ダルマや招き猫、コケシ、シロクマ、マトリョーシカといった物たちが不気味に動き出し、彼らが出す課題をクリアできなかった者には、容赦のない死が待ち受けていた。

主要登場人物

f:id:a720b720c720:20190415201608j:plain

高畑瞬 – 福士蒼汰
天谷武 – 神木隆之介
秋元いちか – 山崎紘菜
サタケ – 染谷将太

タクミ – 大森南朋

長髪のホームレス – リリー・フランキー

神さまの言うとおりの感想 ※ネタバレあり

僕が映画「神様の言うとおり」をみて感じたことはこんな感じ。

 

✓疑問点がたくさん残った。

✓残念なところも

✓でも、面白かったよ!

✓グロいの苦手な人は注意!

神木隆之介はやっぱりいい。

 

※ここからネタバレありです!

 

疑問点がたくさん残った。

面白かったんですが、疑問点が出るわ出るわ…

 

①なんでこんなゲームが?

②立方体は何?

③しりとりの意味

 

疑問①なんでこんなゲームが始まったの?

こういう殺戮ゲーム系の映画は何の説明もなしに始まり、ストーリー性よりも過激さやインパクトを重視したつくりになりがち。

 

神さまの言うとおりも同じくでした。もっと説明があったほうがよかったなぁ。

 

というのも、原作ありきの映画になっていました。「神様の言うとおり」は漫画原作です。

 

原作ファンには評価が高いようですが、背景などがわかればもっと楽しめたかも。

 

疑問②四角い立方体はなに?

 これも同じく、途中から東京の空に現れた白い四角い立方体

f:id:a720b720c720:20190415205045j:plain

 

体育館でのVSまねきねこが終わったら、なぜかこの立方体に移動。

 

なぜ…?

 

疑問③敵をしりとりにする意味

次々と現れる刺客がしりとりになっています。

 

ダルマ→まねきねここけし→シロクマ→マトリョーシカ→神

f:id:a720b720c720:20190415223910j:plain

 

面白いと思いましたが、しりとりになっている、というだけでした。何かそこに意味が欲しかったですね。

残念なところ

 

①大物役者がもったいない

②すぐ死んだ秀才君

③まさかのダジャレオチ。

 

残念①大物役者がもったいない。

リリーフランキーさんや大森南朋さんなど大物役者も出演していました。

f:id:a720b720c720:20190415223256j:plain

しかし、出演時間はほとんどありませんでした。確かにメインは生徒たちですが…折角なら演技ももっと見たかった。

 

あと、演技派の染谷将太さん。ダルマさんが転んだでクリア後に死んでしまいました。

f:id:a720b720c720:20190415223328j:plain

どうせなら、中盤くらいまでは生き残っていてほしかったです。

 

残念②「こけし」の時にすぐ死んだ秀才君

山本涼介さん演じた平良幹則。

f:id:a720b720c720:20190415203203j:plain

めちゃくちゃ頭がよくて、劇中では複雑な数学の問題を解いていました。キャラ的には神木隆之介さん演じる天谷武と被り気味でしたが、面白くなりそうな予感。

 

こけしの時にはいい感じで翻弄してくれるのかと思いましたが…

 

あっさりとこけしのかごめかごめの答えを間違え殺されてしまいました。彼を使ってもう少し面白くしてほしかった。

 

残念③まさかのダジャレオチ「あくま」って。

シロクマの正体がクロクマだとわかり、追い詰めた最後に一言。

 

「どす黒い熊。あくまだ」

 

まさかのダジャレ落ち。しかもめちゃくちゃ真剣な顔で言っているからそれがさらに寒くさせていました…

 

でも、神さまの言うとおりは面白い映画だと思ったよ!

疑問や、残念な点は多かったですが、楽しめる映画でした。

 

ハラハラドキドキとして、こういった殺戮ゲーム系の映画ではクオリティは高いのではないでしょうか?さすが三池崇監督。

 

まったく異なるタイプのゲームが続き、ワクワクしましたね。お休みの日にはいい時間つぶしになるのではないでしょうか?

 

ただ、グロいの苦手な人は注意!R-15指定

終始、血だらけ。終始、人が死にます。R-15指定されています。

 

ダルマさんが転んだから始まるこの映画。一歩でも動いたら、生徒の首が次々と破裂していきます。

 

序盤から衝撃的かつ過激シーンが続きます。

 

僕はこけしの体が引き裂かれるところがキツかった。

 萩原みのりさんが演じた田岡由実。

f:id:a720b720c720:20190415202945j:plain

こけし」たちのかごめかごめに答えられず時間切れ。殺されてしまうのですが…

 

体を操られ、強制開脚。そのまま体を真っ二つに引き裂かれてしまいました。色々グロテスクなシーンはありましたが、ここが一番痛そうだった…

 

神木隆之介はやっぱり演技が上手。

高校生が殺戮ゲームに挑む、ということで、若手の俳優さんばかりでした。その中でもやっぱりずば抜けて演技が上手だったのは神木隆之介さんですね。

f:id:a720b720c720:20190415204528j:plain

 

クールで、喧嘩が強く、頭が切れる、それでいて嫌なやつ。天谷武を演じていました。

 

普段は温厚な役や、ちょっとかわいらしい役柄が多いイメージ。先日ご紹介した、フォルトゥナの瞳にも主役として出演しておりまし、まったく異なる役柄。

www.a720b720c720.com

上手にミステリアスな天谷武を演じきっていました。

最後に:エンターテイメントとしてはあり!

なんとなくで見始めた映画でしたが、エンターテイメント性のものすごく高い映画でした。

 

ツッコミどころや残念なポイントは十分に無視できる程度。アニメーションをみている気分で見てみてください。

 

それでは。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました