【Excel】マクロとVBAの違いを解説します。【事務職】

スポンサードリンク
この記事は約3分で読めます。
スポンサードリンク

f:id:a720b720c720:20190521205901p:plain

どうも。

 

僕、事務職なのでExcelを頻繁に使います。そしてVBAでコードを書いてマクロを使うこともたまにあります。

 

しかし、同じ事務職の方にもマクロとVBAの違いについて理解していない方がものすごく多かった。

 

それに、混在した認識でいると、トンチンカンなことを言いかねません。せめて事務職なら正確な意味を知っておいたほうがいいです。(もちろんそうじゃない人も)

 

ということで、今日は、マクロとVBAの違いについて解説していきます。

 

マクロとVBAのよくある勘違い

マクロとVBAを勘違いをされている人の発言で、「おれはマクロを書ける!」とか「私はマクロは書けるけどVBAはできない」とかよく聞きます。

 

これ結構とんちんかんです。マクロ=VBAではありません。

 

あと、多いのはこういう認識。

 

  • マクロ=自動記録しもの
  • VBA=手で書いたもの

 

これもあまり正確ではありません。

マクロとVBAの違い

ものすごく簡単にいえばマクロとVBAは以下のように表現できます。

 

  • マクロ=機能
  • VBA=言語

 

それぞれを深堀していきます。

マクロとはExcelの機能のひとつ

マクロは、簡単に言えばExcelの操作を自動化するための機能です。

Excelは主に資料作りなどに用いられると思いますが、繰り返しの動作やダブっている処理がたくさんありますよね?

 

それを記憶させ一連の動作として自動化できる、という機能がマクロとなります。

 

ですので、「マクロ」のExcel内での立場的には、グラフを作成したり、テーブルを作成したり、並び替えをしたり、などという機能があるのと同じですね。「マクロ」という機能です。

VBAとはマクロという機能を動かす言語

VBAVisual Basic for Applicationsを省略したものです。Microsoft社が作り出したプログラミング言語の一種となります。

 

マクロの機能で実行することを書くための言語です。

 

同じMicrosot-officeのソフトであるWordやPowerPointでもVBAを使用できます。

 

VBAの言語で書いたコードを実行する機能がマクロです。マクロの中にVBAがある。という認識でいてください。

 

ちなみにVBEはVBAを書く場所

あと、混在されやすい物の例として、VBEってのがあります。「Visual Basic Editor」の略で、エディターのアプリケーションです。つまりVBAっていう言語を書くための専用の場所です。

 

VBEにVBAを書いてあげることで、マクロを機能させることができます。

まとめ:マクロとVBAの違い

  • マクロはExcelの機能の一つ。一連の動作を自動化できる。
  • VBAはマクロで実行させるためのMicrosof開発のプログラミング言語
  • VBEはVBAを書くための場所

最後に

以上がマクロとVBAの違いです。冒頭にも書いた通り、正直明確な区別をつけるひつようはあまりないかな~って思ってます。

 

だいたいの人は「マクロがかける!」といっても言いたいことはわかったよ。とスルーしてくれるはず。

 

しかし、どんなことでも正確な知識は持っておくように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました