【名探偵ピカチュウ】ネタバレあらすじと感想を徹底解説!評価と見所もご紹介。

スポンサードリンク
この記事は約7分で読めます。
スポンサードリンク

f:id:a720b720c720:20190429231040p:plain

感想

ズバリ面白い!世界的アニメとはいえ、ポケモンの実写化てどうなんだろうと思っていましたが、さすがハリウッドでしたね。超大作で見に行って損はありません。おススメです。

 

名探偵ピカチュウ:あらすじ

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。

 

それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補(渡辺謙)から電話がかかってくる。

 

「お父さんが事故で亡くなった―」。

 

複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウライアン・レイノルズ)だった。

 

かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった……。

 

「ハリーはまだ生きている」。

 

ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは?ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう!

公式ホームページより引用

予告編動画

予告①


【公式】映画「名探偵ピカチュウ」予告①

予告②

【公式】映画「名探偵ピカチュウ」WEB用プロモ映像②

名探偵ピカチュウ:作品情報

解説

世界的人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで実写映画化。

 

子どもの頃にポケモンが大好きだった青年ティムは、ポケモンにまつわる事件の捜査へ向かった父ハリーが家に戻らなかったことをきっかけに、ポケモンを遠ざけるように。

ある日、ハリーの同僚だったヨシダ警部から、ハリーが事故で亡くなったとの知らせが入る。

父の荷物を整理するため、人間とポケモンが共存する街ライムシティへ向かったティムは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す“名探偵ピカチュウ”と出会う。

かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、ハリーがまだ生きていると確信しており……。

 

デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズが名探偵ピカチュウの声を担当し、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のジャスティス・スミスが主人公ティム、渡辺謙がヨシダ警部補を演じた。

また、日本語吹き替え版でティムの吹き替えを担当した竹内涼真が、ポケモントレーナー役で本編にカメオ出演も果たした。

監督は「グースバンプス モンスターと秘密の書」のロブ・レターマン。

映画.comより引用

公開日

2019年5月3日

上映時間

97分

監督

ロブ・レターマン

キャスト・声優

名探偵ピカチュウ:登場人物

ティム・グッドマン

主人公です。父親であるハリー譲りの鋭い洞察力をもっていて、劇中でも頭の切れの良さを発揮しています。

ピカチュウ

ティムの劇中でのパートナーであり、ハリーの元パートナー。帽子がトレードマーク。人の言葉を理解し話す事も出来きますが、通じるのはティムだけ。ティム以外の人物には鳴き声にしか聞こえない。

 

 

コーヒーが好き。

 

かつてハリーのパートナーだった時の記憶を失くしていて、自分がどんな事故に巻き込まれたかを忘れてしまっています。それにより以前まで使えた技も使うことができなくなってしまっています。

ハリー・グッドマン

ティムの父親であり、ピカチュウのパートナー。ポケモンに関する事件を追っていたが事故に遭い行方不明となってしまいます。

ミュウツー

遺伝子操作により、人間によって生み出されたポケモンです。人間に嫌悪感を持っています。

名探偵ピカチュウ:ネタバレあらすじ

ティム・グッドマンは、ティムの父・ハリーと昔同僚であったヨシダ警部補(渡辺謙)から父が死んだとの連絡を受け、ライムシティ訪れた。

 

 

荷物を整理するためにハリーの澄んでいた家に訪れたティムは自分にしか聞こえない言葉を話すピカチュウと出会う。かつてのハリーのパートナーであったピカチュウは、ハリーはまで生きていることを信じて疑わなかった。

 

 

確認するためにヨシダ警部補のもとを訪れたティムとピカチュウであったが、凄惨な事故映像をみせられ改めてハリーは亡くなったと告げられる。

 

 

しかし、信じ切れない二人は行方不明であるハリーを探しに向かう。

名探偵ピカチュウ:ネタバレ感想

おもしろかった!さすがハリウッド!

 

 

ポケモンのリアリティさ?というのかアニメーションと実写版の作品をここまできれいに表現できるとは想像以上でしたね。リザードンの恐竜っぽい質感や、コダックの硬そうなくちばし、毛の生えたポケモンのふさふさ感はすごかった!

 

 

おっさんという設定であるピカチュウでしたが、表情の作り方や眉間のシワなんかはかなりおっさんでしたね(笑)

ただ、ピカチュウピカチュウ。ちょこんと被った帽子や、キュートな「ピカピカ」という鳴き声は愛らしかった。

 

 

遺伝子研究所の中やのその敷地内の森(ドダイトスの庭)で揺れ動く土地を右往左往し走り回るシーンは、他の有名なハリウッド映画に負けず劣らず。お金かかってそうでした(笑)

 

 

バトルシーンは最初からド迫力満点。「R」を吸って錯乱したエイパムの群れに追いかけられるシーンは序盤からハラハラしました。

地下格闘技場のような場所でのリザードンとのバトルシーンは燃えましたね。

終盤の、ミュウツーとのバトルシーンが一番アツかった。電気を身にまとったピカチュウが空中でミュウツーと正面からぶつかるシーンは最高にかっこいい。

 

 

劇中で、左ハンドルで、左車線を走っていたのは、日本のアニメーションだから?全然違うかもしれませんが。

名探偵ピカチュウ:その他の情報

日本語吹き替え版キャストが公開!なんとピカチュウ西島秀俊

公式ホームページより本日日本語吹き替え版のキャストが発表されました。ピカチュウの声優はなんと西島秀俊さん。

 

「おっさん」役のピカチュウに声優。おっさんという言葉が全くハマらない普段はクールな役柄ばかりの西島秀俊さんですが、どんなピカチュウになりきってくれるのか見所ですね。

その他の日本語吹き替え版声優

その他の日本語吹き替え版の声優さんは以下の通りです。

 

ティム:竹内涼真 
ルーシー: 飯豊まりえ
名探偵ピカチュウ西島秀俊   

      
ハワード:中 博史 
ロジャー:三木眞一郎 
ローラン博士:林原めぐみ  
ティムの祖母:犬山イヌコ  
セバスチャン:三宅健太    

ジャック:梶 裕貴  
ミュウツー山寺宏一  
      木下紗華  
コダック愛河里花子
プリン:かないみか
メタモン金魚わかな

 

公式ホームページより

世界公開は2019年5月10日

ちょうど一週間後に全世界へ公開予定。日本では一足早く公開されたよう。なんかうれしいですね。

公式HP

meitantei-pikachu.jp

最後に

ということで、以上が名探偵ピカチュウのネタバレ感想でした。何度も言いますが映像がド迫力で見所満点でしたね。

 

GW中に時間がある方はぜひ見にいかれてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました