【ブログSEO】タイトルキーワードは左側に置くべき3つの理由。検索上位を狙う。

スポンサードリンク
この記事は約3分で読めます。
スポンサードリンク

f:id:a720b720c720:20190521232639j:plain

 どうも。以前の記事ではブログのキーワード取得ツールをご紹介しました。

 

www.a720b720c720.com

  

しかし、SEO的に有利になるには選ぶキーワードだけでなく、そのキーワードの置く位置も関係してくるそうです。

 

その位置は左です。

 

SEO・キーワードは意識しているけど位置まで考えてない

 

こんな方へ向けて、検索上位を狙うならキーワードは左側にすべきであることについて考えていきます。

 

検索上位にくるにはタイトルキーワードは左側に置く

繰り返しになりますが、SEO的にキーワードは左に寄せたほうが検索上位になりやすいです。

 

Googleでもキーワードは左詰め

試しに「SEO」という検索キーワードをGoogle検索エンジンでググってみました。

 

f:id:a720b720c720:20190521225452p:plain

 

見事に一番左ですね。

 

もちろん、すべてのメインとなるキーワードが必ず一番左にあるわけではないですが、だいたい左に寄っています。気になる方はいろいろなワードで試してみてください。

 

左側にキーワードを置く3つの理由

以下の3つの観点で記事タイトルのキーワードは左寄せが有利になるそうです。

 

  • 文書の構成上
  • 読み手の習性
  • クローラの巡回の仕方

 

1.文章の構成上自然に左に来る

ブログ、ウェブサイトで文章を書くと、自然と主語(メインキーワード)は左に来ますよね。

 

その記事の中身をタイトルの20~30文字程度で端的に表現しようとした結果、左に来ることが多いと想像できます。

 

2.読み手の読み方を意識

この記事を読んでいるみなさん。当然、文章を左から右へ読んでいますよね。

 

そういう風に書いているからです。もっというと、文章はそういう作りになっているから。

 

上の文章の構成上でもご説明しましたが、私たちの体にはしっかりと左から読み始めるという習性が身についています。おそらく、少なくとも日本人はほぼすべての方が左から右へ読むでしょう。

 

その習性を考えると、メインとなるキーワードは左に置くのがベターでしょう。

3.クローラの巡回の仕方

クローラというWEBサイトを巡回するロボット。

 

人間だけでなく、ロボットもページの中身を左から順に読んでいっているらしいです。

 

特に英語圏では、主語が大事な役割をもつキーワードとして文法が作られていますよね。このクローラの開発は英語圏の人らしいので

 

キーワードを左に置くのは重要だけど最重要じゃない

SEO的に左側にキーワードを設置するのは、あながち的外れではなく重要っぽいなと思っていただけているかと思います。

 

しかし、最重要は魅力的記事タイトルです。

 

左にキーワードを置くのは最重要ではありません。むりくり左に寄せようとした結果、意味不明な日本語になっていては本末転倒です。

最後に:簡単な意識がSEO対策につながります。

以上が、ブログタイトルのキーワードは左寄せがいい理由です。

 

タイトルを適当につけていた方。「左側に寄せる」という簡単な意識でSEO的に有利になるのであればやらない理由はありません。

 

ぜひ、検索上位を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました