【片付け術】脱汚部屋。100人の部屋を見て気づいた片づけられない人の3パターン。

スポンサードリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサードリンク

f:id:a720b720c720:20190305212231j:plain

どうも。みなさん、片付けは得意ですか?

 

僕は得意です。今日は片付けられない人の3パターンと題し、記事にしました。

 

 

片づけられない人の3パターン

それではさっそく見ていきます。

その1:収納グッズが大好き

片付けをするから100均やホームセンターにわざわざ足を運び、お金を払い収納グッズを買いに行く、という傾向があります。収納グッズや収納のカゴって、もともと片付けや整理整頓が得意な方がスペースを上手に使うために使用するものです。

 

 

収納グッズを使えばだれでも部屋を綺麗さっぱりかたづけられるワケではありません。むしろ気づいてください。片付けしようとしているのに、モノ増やしてますよっ!

 

結局どのカゴに何を入れたかわからなくなって、今までのごちゃごちゃがカゴに中に入ってごちゃごちゃしただけ笑

 

かごの中にしまうときに整理しても、このパターンの方はほぼ確実にお片付けリバウンドします。

その2:クローゼットに押し込めばお片付け

 お部屋にお邪魔したら、割と綺麗。でも、クローゼットや棚の中を開けると片付けの依頼をされた理由がよくわかります。

 

開けた瞬間に、モノがなだれてきます。とりあえず目先の片付けのためにモノを押し込み完了とする方、結構いました。

 

片付けとは、モノを美しく配置して、どこに何があるか自分で把握し、欲しい時にすぐに準備できる状態のことです。

その3:複数個所にモノを配置したがる。

 片づけられない人は物を複数箇所に置きたがります。

 

たとえば服。あなたの部屋に服は1スペースに収まっていますか?こっちにはハンガーにかけた服、こっちには畳んだ服。こっちには部屋着…

 

こんな風に、複数個所に置くと、

 

あれ?あの服どこにやったっけ?こっちかな?あ、あっちだ。いや、こっちのクローゼットに。。。

 

なんてことに。時間の無駄ですね。

 

最後に

今日は片付けができない人の3パターンをご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました